2017年05月09日

大阪から友達が来た

2月28日。

朝から労働。
その為、早く起きる。
早く起きて満員電車に乗り、労働に向かうのが日常と化している。

この日は目覚める1時間前に携帯が鳴り、大阪の友達が行くから家の鍵開けといてと連絡。
えー。
寝てるねんけど。と思うが、少し気持ちざわつく。

連れは家に来て、僕は労働へ。
東京を楽しんでくれと言い、楽しくもない労働へ向かい別れる。
昼はネタ見せ。
ネタ見せ終わって新宿で友達と合流。
電車乗って、最寄駅に帰って、飯食って、家で酒飲んで、眠る。
友達が家に居る状況、いつもひとりの家に誰かが居る状況、そんな状況の心躍る。
家に誰かいる、それってすばらしいことじゃない。


posted by 平川 at 00:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: